【最終2003】毒殺スタン

最低限サイクルを回すことができ,毒とみがわりで相手に依存せずに勝つことを目的としたパーティー.

 

f:id:nayuta_poke:20180124023059p:plain

 

*************************

カバルドン @フィラのみ

212(228)-132-172(148)-✖-109(132)-67

じしん こおりのきば どくどく なまける

H: のろい3回できのみ発動

B: 143ミミッキュの+2FZ確定耐え

D: ガルドの霊Z確定耐え

 

 

ボーマンダ @ボーマンダナイト

181(84)-191(68)-151(4)-✖-124(108)-171(244)

やつあたり りゅうのまい みがわり はねやすみ

A: 無振りミミッキュ確定

B: 143ミミッキュの-1FZ+-1かげうちを最高乱数2連以外耐え

D: C211めざめるパワー氷最高乱数切り耐え

S: 最速ウツロイド抜き

 

 

カプコケコ @イアのみ

175(236)-✖-108(20)-117(12)-109(108)-183(132)

10まんボルト どくどく みがわり はねやすめ

B: 143ミミッキュのFZ耐え

D: カプコケコの10まん+電気Zを最高乱数2連以外耐え

S: 最速ジャローダ抜き抜き

 

 

ガルーラ @ガルーラナイト

207(212)-194(252)-121(4)-✖-125(36)-121(4)

ねこだまし やつあたり れいとうパンチ じしん

 

 

ギルガルド @たべのこし

161(204)-✖-171(4)-78(60)-217(220)-83(20)

シャドーボール どくどく みがわり キングシールド

C: 無振りミミッキュ確定

D: コケコの10まん+10まんZを食べ残し回復2回込で最高乱数切り耐え

 

 

スイクン @マゴのみ

206(244)-✖-174(188)-110-135-115(76)

ねっとう こごえるかぜ どくどく みがわり

B: 143ミミッキュ+2FZ最高乱数切り耐え

S: -1準速マンダ抜き

 

*************************

 

ほとんどのパーティーに電気+地面タイプ(主にカバルドンランドロス・カプコケコ)が入ってることに着目.

中でもカプコケコが入っているパーティーに対して,ボルチェンの一貫切りや電気Zの抑制の意で地面タイプが選出される可能性が高い.

よって,電気+地面に一貫しやすいどくどくを主軸とした.

また,電気タイプに受けだす際,地面タイプではサブウェポンで抜群をとられることが多い.従って,地面タイプ以外で電気に対して打ち合う・受けだせる方向で考えた.

基本,電気と打ち合うポケモン+地面タイプへのクッション+@1で選出する.

 

*************************

 

Pokémonicon 450.png カバルドン

地面タイプへのクッション.

こおりのきばはマンダの起点回避で採用.

どくどくはコンセプト且つカバマンダミラーにおいてカバに毒を刺すことで優位に立ち回れるのではという狙い.

最初はランドロスで採用していたが,マンダ軸への選出しやすさや,毒+砂の蓄積を狙いカバルドンに変更した.

持ち物に関して諸説あるが,ミミッキュガルーラなどの並びに対する役割集中の分散を狙ってきのみを採用.

 

 

Pokémonicon 373.png ボーマンダ

選出に組み込むだけで地面の一貫を切れる優秀さを買って採用.

リザードンに対して行動できるようにD振り.

Sを伸ばすことで流星群を採用していないマンダミラーに優位になれる.

 

 

 

Pokémonicon 785.png カプコケコ

相手のカプコケコに対して投げられるようD振り.

対面からなら毒から入ることでミミッキュには勝てる.

水タイプへの遂行速度を考えて10まんボルトを選択したが,無効タイプのないマジカルシャインしぜんのいかりでもおもしろいように感じた.

 

 

Pokémonicon 115.png ガルーラ

コケコの電気ZやゲッコウガのZを耐えるため耐久振り.

マンダで好んで相手にしたくないギャラ・グロスやバンギ入りに対して出していきたい駒.

いうまでもなく,毒+ねこは強力.

すてみタックルの指数が必要な相手がわからなかったので,安定打点且つ体力の減らないやつあたり.

地震グロス・バンギへの打点として.

ふいうちを採用していたが,毒の通らないグライオンやマンダに対する最低限の抵抗としてれいとうパンチに変更した.

 

 

Pokémonicon 681.png ギルガルド

パーティー全体で毒を撒くので,どこからでもハメられるようにみがわり.

地面タイプを出さない場合においても,電気タイプのクッションとして使うためにおだやか.

耐久が高くていい場面もあるが,シャドーボールの火力がもう少し欲しい場面もあったので調整が難しい.

 

 

Pokémonicon 245.png スイクン

地面へ投げることを考えてB振り.

昨今の水タイプでよく見るレヒレとの差異としては,受け出てくるポケモンに対して毒を打てるかどうかと種族値

自身も毒で詰ませられるようみがわり.

 

************************

 

当然ながらグライオン+鋼のような,毒の通らないポケモン2匹でサイクルされるとコンセプトを貫くのは厳しい.

マンダはサイクルを回して一貫を作るという動きがしやすく現環境の中でも最上位のメガシンカポケモンであると改めて感じた.